プログラミング教育の必修化でも高校は大きな変化はない。新学習指導要領から読み解く。

最初に答えを言っておくと

高校でプログラミング教育の必修化が始まっても

高校生活が大きく変わることはありません。

話題の「プログラミング教育」必修化、しかし…

 これからの時代は、第4次産業革命の時代と言われており、IoT、人工知能、ビックデータが現在よりもさらに積極的に活用されるようになります。それに伴い、ビジネスモデル、働く人に求められるスキルや働き方が大きく変わるはずです。

 そんな中、国はこのままの教育過程では世界と戦えなくなってしまうことを危惧し、プログラミング教育の必修化に踏み切りました。2020年に小学校、2021年に中学校、2022年に高校でそれぞれ、プログラミング教育の必修化が始まります。

 しかし、必修化したからと言っていきなり子供がプログラミングができるようになって、アプリや人工知能を作れるようになることはありません。

 今回は高校においてプログラミング教育の必修化が始まっても、実は大きく変わることがない理由について以下の項目で解説します。

情報が情報Iと情報IIに分かれるが…

 プログラミング教育の必修化に伴い、平成30年に告示された高等学校学習指導要領によると、今までは情報という一つの科目だったものが情報Iと情報IIの2つに分かれることになりました。

 これを取り上げて、プログラミング教育の必修化で高校の情報が大きく変わると大々的に伝えている人もいますがそれほど大袈裟に受け止めないでください。

 そもそも今までの高等学校学習指導要領(平成21年度告示)にもプログラミング教育は選択必修として取り上げられていたのです。高等学校学習指導要領(平成21年度告示)の第7節情報の第2款各科目、第6アルゴリズムとプログラムと第9情報システムの開発の概要の欄にプログラミングについての記載がありました。さらに、「実際に活用する能力を育てる」という文面もありました。こう言った文面があるにもかかわらず、今まで十分なプログラミング教育がなされることはありませんでした。選択必修でプログラミングのある方だった私もこの学習指導要領の真っ最中でしたが、高校時代に十分にプログラミングに触ることはありませんでした。

 ですので、新高等学校学習指導要領になったところでプログラミングの実践をたくさん行うようになることはありません。確かに、新高等学校学習指導要領では、「プログラミング」というキーワードが多くなっていたり、どう言った指導内容で行うかが少々具体的になってはいるものの、他の項目、例えば、情報リテラシーや情報社会の進展などの項目はそのまま残っており、プログラミングに十分な時間を割くことはできません。

そもそも学校だけでは時間が足りない

 そもそもプログラミングを習得するには時間がかかります。そんな簡単にできるようなものではありません。

 プログラミングの学習時間というキーワードで検索してみると、『200時間でアプリ開発までできる時短ステップ』と書いてあるのです。200時間とは、1年間平日毎日2時間勉強しなければならないということです。こんなにたくさんの時間を主要教科でない情報が費やすことはできません。もちろん、主要教科の数学でさえ、1年でそんなにも勉強しません。

 情報の時間にはプログラミング以外にも情報リテラシーや情報の歴史などを学ぶことを考慮すると、情報の時間にプログラミングを扱う時間は10時間もないかもしれません。その短い時間でできるのは本当の基礎の基礎でしかありません。英語で言うところの、アルファベットABCD…Zを言えるようになったくらいです。

 もし、お子さんをIT系のエンジニアに育てたいなら、プログラミング教室に通わせることが必須です。

限界、そもそも全員がやるべきものではない

 IT分野の進展が止まらない中、プログラミング教育の必修化が決定されましたが、プログラミング教育はそもそも全員が一様に習得すべき技術ではないと言うことです。そのため、高校レベルでのプログラミング教育の発展には限界があります。

 近年、「グローバル化だ!英語が大切!」と言って、英語教育が盛んになりました。国はいくつかの高校を英語教育を積極的に進めようとグローバルハイスクールに指定して、中には海外に半額で留学できる高校もあったりします。さらに、センター試験から全国共通テストとして、英語は読む、聞く、話す、書くの4技能を測定することを決定するなどして、英語教育を発展させています。

 このグローバル化する社会において、誰にとっても英語を理解しておくことが大切なためここまでできるのでしょう。しかし、プログラミングは話が別です。プログラミングは一部のエンジニアの人ができさえすればいいのです。ほんの数パーセントです。職種の大半を占める営業職の人は必要ないのです。

まとめ

 以上のような理由から、プログラミング教育が必修化になったところで、今後も大きな変化はなく、10年、20年がたっても、プログラミング教育が英語教育のように発展することはありません。プログラミング教育の必修化をあまり大きく受け取らないようにしましょう。ですが、プログラミングに触れることができるようになるだけでも、将来の進路選択には大いに役立つので、プログラミング教育の必修化が決して意味のないことではありません。私も、高校時代にもう少ししっかりとプログラミング教育を受けていればと少し後悔しているので…。