教育系の動画は日常生活でためになる雑学を配信する〇〇がおススメ?

教育系の動画はいろいろありますが、中でも

「ためになる雑学 レサパン総研」

をおススメします。「ためになる雑学 レサパン総研」は日常生活においてためになる知識を分かりやすく解説するYouTubeチャンネルです。では、どうして私がこのチャンネルを見ることをおススメするのか。について5つの理由を紹介します。

以下はYoutubeのトップページのURLです。

https://www.youtube.com/channel/UC1GobD7eo6yB97Q3cc3gM1w/videos

ためになる知識のみを紹介している

「ためになる雑学 レサパン総研」では、日常生活においてためになる知識のみを紹介しています。

他の多くの教育系YouTuberの方や雑学系YouTuberの方は、日常生活においてためになる知識以外のものを多く配信しています。例えば、「地球が生まれた46億年前は1日が5時間だった」とか、「スティーブ・ジョブズはこんな凄い人だった」とかです。たしかに、これらの知識は面白いことは間違いありません。しかし、日常生活において役立つことはなかなか無いので、有益なのはその場の時間が面白いということくらいです。

一方、「ためになる雑学 レサパン総研」では、「汗を止める方法」や「簡単にできる視力低下を避けるためのスマホの扱い方」といったように、すぐに日常生活に役立つ知識です。そのため動画を見て時間を無駄にしたと思うこともないでしょう。

東京大学大学院の理系学生が運営している

「ためになる雑学 レサパン総研」は東京大学大学院の理系学生が運営しています。そのため、ただ単に「この運動すると痩せる!」とか、「こうすると視力が上がる!」とかを紹介するだけでなく、その科学的根拠も付け加えて解説しています。ですので、みなさんが「えっこれって本当なのかな…」と考えたり、調べたりする必要はありません。

5分で学べる

「ためになる雑学 レサパン総研」の動画は1つのテーマについて基本的に5分で解説しています。

そのため、隙間時間に簡単に日常生活においてためになる知識を学ぶことができます。例えば、30分ある休憩時間に22分の好きなYouTuberの動画見たけど、まだ時間があるって時や待ち合わせまで少しだけ時間がある時などに、ささっと見ることができます。

5分という短い時間で見れることへの利点は隙間時間に見れること以外にもう一つあります。それは通信制限を気にしなくていいということです。なぜなら、5分という短い時間であれば、30分の動画に比べてその通信量が6分の1でいいのです。通勤時間などの外出中はワイファイを使えないため、動画を見るのを避けているという方が多いと思いますが、5分の動画を1本見るぐらいであれば通信量の消費はそれほど大きなものではありません。

さらに、動画を5分にまとめていることにより、無駄な内容が少ないという利点があります。他の30分で解説しているような教育系動画では、前置きが非常に長くなっていおり、扱われているテーマにおいて重要な部分はほんの一部だけという場合が多いです。Youtubeでは長い動画の方が収益を得やすいためそういった動画が多くなってしまうのはやむを得ないのかもしれませんが、時間がなく忙しい方が多い昨今、短くまとめられている動画をオススメします。

毎日配信している

「ためになる雑学 レサパン総研」は基本的に毎日更新を行なっています。

ですので、毎日新しい知識を得ることができます。毎朝の習慣にしてみるのも良いのではないでしょうか?

他の人に伝えるとポジティブに…

先述した通り、「ためになる雑学 レサパン総研」は日常生活においてためになる知識を配信しています。

そのため、「ためになる雑学 レサパン総研」で学んだ知識を他の人に話すと、その人の日常生活においても役に立ちます。自分に関係のあることですので、他の人も興味を持って話を聞いてくれるはずです。それに、「そんな知識があったのか、よく知ってるね、博識だね!」と他の人から頭のいい人という評価が下り、印象UPにつながること間違えなしでしょう。

まとめ

以上の5つの理由から「ためになる雑学 レサパン総研」を定期的に視聴することをオススメします。

以下はYoutubeのトップページのURLです。

https://www.youtube.com/channel/UC1GobD7eo6yB97Q3cc3gM1w/videos