塾と家庭教師を併用することで一番効率的に受験勉強ができる。その理由とは

みなさんのお子さんは以下の項目にいくつ当てはまるでしょうか

• 受験まで時間がない。

• 学校の勉強についていけていない。

• 塾に通っているけど成果が出ない。

• 家庭学習の時間が短い。

• 宿題をやらない、またはテキトーにやる。

1つでも当てはまるお子さんをお持ちの方々に知っておいていただきたいことがあります。それは、

家庭教師併用することで一番効率的な受験勉強ができる

ということです。

『かてきょナビ』なら無料

一括資料請求でピッタリの家庭教師が見つかる
*無料ですので資料請求だけでもしてみてください。

この記事では、その理由に迫ります。

塾で分からなかったことが解決できる

お子さんを塾に行かせれば、学校で分からなかったことが分かるようになり、学力も上がるだろうと考えている方も多いです。この見解は一部正しいですが、塾に行かせても分からないことはたくさん出てきます

塾は学校と同じように集団で授業を進めるため、そのペースについていけないお子さんは分からないことが蓄積していったり、ペースについていけているお子さんでも分からないことをそのままにして徐々に分からないことが積み重なっていったりします。

集団授業では途中で授業を遮って質問をすることができないのがいちばんの原因です。だったら、授業が終わってから質問すればいいではないかなんて意見があるかもしれませんが、授業が終わってから質問しようなんて勉強へ意識の高い子供はいません。

もし、家庭教師を併用していればどうなるでしょう。

家庭教師が塾で分からなかったことをチェックしてくるようにお子さんに宿題を出してくれます。そうすれば、塾で分からなかったことがあったとしても、家庭教師とあった際に解決することができます。次の塾の授業の時には、前の授業が完璧に理解できた状態で臨むことができるので、効率よく授業内容を理解できます。

私も学生位時代は塾に通っていましたが、塾で分からないことがあってもそのままにしている時が多かったです。時々、授業後に質問に行くこともありましたが…。授業後に質問に行く生徒は少なかったこともあり、あまり積極的にいけませんでした。でも、質問、分からないことがない生徒なんていなかったはずで、私と同じ塾に通っていた大半の生徒が分からないことをそのままにしていたことでしょう。

塾と家庭教師の併用により、塾で分からなかったことを解決することはとても大切です。

学習時間が必然的に増える

塾には通わせているけど家庭学習の時間が短かったり、学校や塾で出された宿題をやっていなかったりというお子さんは多いです。

学習時間が短いことは問題です。特にお子さんが小さいなら早いうちから勉強する習慣をつけさせるべきです。

ある高校生の偏差値と学習時間の調査によると、

偏差値60以上の層では、勉強時間が1時間未満の生徒が15%しかいないのに対し、偏差値40未満の層では、勉強時間が1時間未満の生徒が70%という結果が出ています。

学習時間が短いのが高校生まで続いてしまうと、偏差値20の差が出てしまう可能性があります。

家庭教師を併用したらどうでしょうか。必然的に学習時間が増えます。家庭教師を週2で3時間ずつ頼んでいれば、それだけでも大した勉強時間です。

学校や塾で出された宿題をやっていないお子さんをお持ちでしょうか。そんなに珍しいことではありません。私も時々サボってしまうことがありました。

どうしてサボることができるのか。それは、学校や塾は先生1人に対して何十人という生徒がいます。そのため、必然的に生徒1人1人に対しての管理は甘くなります。だから、1人が宿題をやってこようがやって来なかろうが御構い無しに次へ次へ進んでいきます。また、宿題をやってきていたとしても、そのやり方だったりの質に対して口出しすることはなかなかありません。

家庭教師を併用すれば、宿題の管理がきちんとできます。家庭教師は1対1で生徒、お子さんと向き合ってくれるので、塾や学校の宿題をやっているかやっていないかの確認はもちろん、その宿題のやり方は本当に学力向上につながるのかどうかといったところまで確認してもらえます。

塾と家庭教師の併用により、学習時間を増やし、宿題をきちんとやる力を早いうちからつけるべきです。

小中高生の家庭教師選びなら、かてきょnavi

2回復習できる

上記では家庭教師が塾や学校の補助をしてくれるといった内容を書きましたが、家庭教師の役目はそれだけではありません。学校の単元が進むにつれて、独自のカリキュラムで学習内容の復習や予習を行います

塾と家庭教師を併用することにより、学校でやった内容を塾で復習し、家庭教師でまた復習することができます。どんなに学校の授業についていけないお子さんでも、2度も復習したらその単元の内容の理解が深まることは間違えないでしょう。

また、塾と家庭教師で2回予習してから、学校の授業に臨むこともできます。すると、学校の授業では積極的に発言ができたり、授業ごとに行われる小テストでも高得点を出せたりと定期テスト以外の場面での成績向上につなげることができます

受験まで時間がないなら併用は必須

受験まで時間がないなら塾と家庭教師を併用することで、上記のような恩恵を受けて、効率よくお子さんの学力を向上させることが大切です。

受験はやる気さえあれば塾や家庭教師に頼らなくてもなんとかなるという人もいますが、そのやる気を出せる子供なんてほとんどいませんし、やる気が出せたとしても分からないことを解決する環境が整っていなければいけません。

かてきょナビでお子さんに合う家庭教師を探してみてください。