東大農学部の研究者の就職先がそんなに良くない理由

東大農学部は日本最高峰の農学部だから、就職先もそれはそれは大企業ばかりだろう。なんていうのは夢の話です。

東大農学部を目指す方々東大農学部に在籍している方々にはこの記事を読んで東大農学部の研究者の就職がそんなに良くない理由

を知っておいて欲しいです。

農学系の研究職は募集が少ないから

東大農学部に進学するということは、将来は食品系だったり、医薬品系の研究職に就きたいと考えている方が多いと思います。しかし、食品系や医薬品系というのは工学部系の企業に比べて、研究職の募集が非常に少なく、とても倍率が高いです。そのため、王手の食品メーカーや医薬品メーカーの研究職に就職できるのは東大生であってもほんの一部です。

農学系の研究職の募集が少ない理由は、食品業界や医薬品業界は工学部の業界に比べて、市場が大きくないということや下請け会社が少ないことです。

食品系や医薬品系は工学部からも就活に来る

食品系や医薬品系の研究職は工学部の人たちも応募してきます。特に工学部の化学系の人たちが応募します。一方、農学部の人は工学部系の研究職に就職することは極めて難しいです。これが厄介です。

どうして農学部系の人が工学部系に就職することができないのかというと、農学部系の人が扱っている分野の多くが生物系の内容だからです。生物系の内容は、工学部系の企業ではそれほど役に立たないことが多いからです。例えば、自動車産業では、生物の知識なんてほとんどいらないのがわかるでしょう。

しかし、こんなことを言うと、バイオテクノロジーが盛んだから、それを自動車に応用するためにも農学系の知識がいるから、自動車産業などの工学部系の企業も農学部を欲しがっているのではないか。なんて反対意見を述べる方がいますが、確かに一理あります。しかし、それによって生まれる生物系の雇用は、化学系や物理系に比べてほんのちょっとでしかないので、農学部が就職に困ることには変わりありません。

化学系が就職に有利

化学, アドレナリン, 構造式, 壁紙, 数式, 六角形, 構造, 背景

さらに、食品系や医薬品系の研究職も生物系の研究者ばかりを欲しているわけではありません。むしろ、化学系の研究者を欲しているのです。

なぜこんなことが言えるのか、それは農学部に入り、どの研究室が就活に強いかといった話をしていれば、化学系の研究室が就活に強いという話が、次から次へと入ってくるからです。

これは確かで、就職先を見ても生物系の研究室より、化学系の研究室の先輩方の方が大きな企業に就職していく方が多いです。

食品系や医薬品系は知名度が高くて人気

食品業界や医薬品業界は大きな企業はどこもコマーシャルをやっているし、身近な製品を作っている会社が多いため就職活動において人気が集まりやすいです。

それに、これらの業界においては大企業と言われるような下請けの企業がないため、大企業は知名度が高くなってしまっているのです。分かりにくいと思うので、具体例を出して説明します。

トヨタという企業をみなさんは知っているはずです。日本で一番大きな企業です。トヨタはコマーシャルもバンバンやっているし、トヨタのマークがついた車がたくさん走っており、知名度は計り知れません。しかし、そんな名の知れたトヨタの下請けにはデンソーというあまり名前を聞かないのですが、大企業が存在します。デンソーはトヨタを消費者として商売しているので、コマーシャルをする必要がなく世間に知られる機会はありません。ですが、大企業です。

一方、食品業界や医薬品業界にはデンソーのような企業が存在しないので、大企業を受けるには激戦をしいられます。倍率がものすごく高いです。

いい企業の推薦枠が少ない

東大農学部にはいい企業へ推薦枠が少ないです。農学部系の就職先は上記でも述べたようにどこも人気が高いので、わざわざ推薦なんかしなくても優秀な人を雇うことができるということです。東大だからといって農学系の王手企業の推薦なんかは全くありません

一方工学部などは結構推薦もあるようです。それこそ先ほど述べたトヨタやデンソーは積極的に推薦を大学に出しているそうです。

まとめ

食品系や医薬品系の研究職は募集者数が少ない上に、知名度が高く、応募者数が多くなるので、大企業に就職するのが困難です。

もし、東大農学部を目指しているという方や東大農学部に在籍している人の中で、これはやばいと思った場合は、化学系の研究室に進むか、そもそも、工学部などに学部を変えることをオススメします。