東京大学大学院生が入れるサークルはあるのか?

2019年7月5日

大学, 日本, 東大, 東京, 秋, シルエットの木の枝

私は、大学院から東京大学に入学しました。ずっと東海圏にいたので、大学院から東京に来ると、東京には知り合いがおらず、少し寂しいな、友達の輪を広げてみたいなと感じました。そこで、大学院生でも気軽に入れるサークルはないか探してみました。

その経緯と、オススメのサークルを紹介します。

東京大学大学院のサークル探し

私は、まず初めにネットで『東京大学大学院 サークル』というキーワードで検索したのですが、特に大学院生がやっているサークルが出てくるわけではありませんでした。

内部の人の話を聞いていると、大学院生だけでやっているサークルがあるというよりは、大学に入った一年生の頃から、所属しているサークルで、大学院まで活動しているということでした。

ガクサーとは?

『東京大学大学院 サークル』このキーワードで検索をしていると『ガクサー』というサークルのマッチングサイトがあります。ガクサーはサークルを紹介しており、検索で東京を指定したり、大学院歓迎などを指定したりして探すことができます。

ガクサーで検索すると確かに、候補がいくつか出てくるのですが、大学院生を歓迎していても、大学院生がそんなにたくさんいる雰囲気のところはなく、いたとしても、大学一年生の頃からそのサークルに所属していた大学院生である可能性が高いです。

私が訪れたサークルも大学院生歓迎と書いてありましたが、実際行ってみるとそのサークルの長は大学院生ではなく、大学の学部生で、少し申し訳ない気分になってしまいました。

ジモティーでも見つけられる

ジモティーは既に知ってらっしゃる方もいると思いますが、ジモティーでもサークルを探すことができます。

ジモティーには仲間募集という項目があるので、その項目からキーワードや検索条件を指定すれば、求めるサークルを検索することができます。注意が必要なのは、社会人限定のサークルも多く存在することです。20歳位以上と書いてあっても、社会人の人のみとなっていたりします。

ジモティーはどちらかというと、社会人と大学院生と学部生とごちゃ混ぜのサークルが多く、大学院生だけのサークルはありません。

東京の大学院生にオススメのサークル

私は、色々と検索をかけたり、周りの人から話を聞いたりする中で、これはとてもいいサークルだというサークルを見つけました。

それは、大学生協の公式団体である

院生ミーティング

というサークルです。

ちょうど、私の友人が院生ミーティングに参加していたのですが、とても楽しそうでした。そんなに頻繁に開催されるわけでもなく、参加も自由ですので入りやすいサークルです。

東京の院生ミーティングに参加している学生は、もちろん大学院生だけですし、東京大学、東京工業大学、お茶の水大学などが中心となって参加しているようです。

生協の公式団体ですので、生協に行けばパンフレットなどをもらえたり、紹介してもらえたりすると思います。

東京に出てきた人がサークルに入るべき理由

私は、地方から東京に出てきた人ほど、サークルに率先して入って仲間を作っていくべきだと考えています。

その理由は、就活を一年後に控え、早い人は、大学院一年生の夏前から、インターンシップの応募など、就職活動を開始しています。しかし、1人だけで就職活動をやっていては心が折れてしまします。

例えば、ウェブテストを行う際に、一人の力でやるよりは、何人かでやったほうが確実ですし、何人かで、テストの情報やインターンの情報などを共有したほうが就活に有利になることは間違えないからです。それに、人数が揃えば、好きな時にグループディスカッションの練習をすることができます。

もう一つ大きな理由があります。それは人脈です。特に院生ミーティングに来る学生は高学歴な学生が多いため、将来も有望です。そんな方達と友達になることができれば、より有意義な学生生活に加え、人生に渡ってお互いを高め合うことができます。

まとめ

・東大大学院生のみのサークルは見当たらない。

・院生ミーティングなら、東京の高学歴な大学院生たちと交流を深められる。

・就活のためにも、サークルに入って、人脈を作るべき。