名古屋大学にE判定から現役合格した方法 4ヶ月でセンター試験300点アップできます!

2019年7月5日

名古屋大学に合格したいと考えているE判定の高校生、浪人生の方に良い知らせがあります。

この記事を10月1日までに読んでいれば間に合います。

このように宣言できるのは、私自身の体験談があるからです。私は名古屋大学農学部に現役合格しました。しかし、8月の模試まではずっとE判定でした。当時、名古屋大学で偏差値が一番低いと言われていた看護学科でもE判定でした。私は高校時代運動部に所属しており、部活と勉強の両立ができていなかったことが原因でした。おそらく、皆さんの中にも同様の経緯でE判定という結果が出ている方がいるはずです。そういった方々も含め、この記事を読んでいただければ、どのようにして、私が合格したのかが分かり、合格できるという確信ができます。

名古屋大学に合格できる方法を教えます。

勉強を始めた時期

書き込み, ペン, 男, インク, 紙, 鉛筆, 手, 指, 青いシャツ

私が本気になって勉強をし始めたのは、部活が終了した6月からです。ちゃんとした進学校ならもっと早くから受験対策が始まっていると思いますが、私は定員割れするような自称進学校だったので、周りの雰囲気では6月から本気で始めているのはレアでした。そもそも受験勉強しない人も多かったです。

最初の志望校は名古屋大学ではなかった

私が6月の時点で最初に志望した志望校は金沢大学でした。もちろん最初はE判定ラインです。当時、塾に通っていて、志望校は高めに設定しろと言われたので高めに設定しました。私は、受験において精神論は大切だと思うので、志望校を高く設定することで受験へのやる気をUPさせることができると考えています。しかし、この記事では、精神論は語りません。精神論は個人差が大きいので。皆さんの志望校は名古屋大学です。

最初は間違えだらけの勉強法でした

私は勉強を始めた6月から8月あたりまで間違えだらけの勉強法で金沢大学合格に向けて勉強をしていました。

私がやらかしていた間違えだらけの勉強法

・短期目標を作らず勉強を進める。

短期目標を作らず進めている方は、自分が行なっている勉強が正しい勉強かどうか判断できません。

・教科書を読んでノートにまとめる。

ノートにまとめるだけでは、試験問題は解けるようになりません。読んでまとめる問題が出るのはせいぜい国語くらいです。要点がまとまったものが欲しいなら、参考書を買ったほうが時間短縮できます。

・塾で教室授業、動画授業を受けてできた気になる。

確かに、内容を理解するには良い手段ではあると思います。しかし、もっと安くて、早く理解できて、早く実践力がつく方法があります。

この3つのどれか一つにでも当てはまる方は、相当今の状況が危険です。

8月の模試で金沢大学、名古屋大学共にE判定

男, 人, 暗い, シャドウ, 手, 悲しい, 泣いている, 不幸です, 絶望

勝負の夏休みは過ぎ去り、その集大成に受けた記述模試、センター模試で、金沢大学、名古屋大学共にE判定でした。この時、センター模試の得点は、450点、5割の得点率でした。

夏休み頑張ったのに!全然じゃん!ってなって落ち込みました。毎日12時間は勉強していたと思います。

とりあえず、点数があまり伸びなかったので、同じ塾にいた自分より頭のいい友達に相談しました。どうやって勉強したら、そんなに点数が取れるのか?帰ってきた答えは、

『数学はこの問題集3周して・・・化学はこれ2周して・・・これも・・・地理はこれは4周・・・英語は1周ずつだけど、いろんな問題集解いた』

というものでした。そう、私がこの時気がついたのは、

アウトプットの量、

つまり、

演習(問題を解く)量

が全然違ったんです。

志望校を名古屋大学に変更

変更, ボード, ドア, 新しい始まり, リスク, シールド, 再起動

私は、このアウトプットが大切だということに気がつき、1週間くらい、毎日12時間アウトプット、つまり、問題を解きまくっていたら、名古屋大学合格に必要なレベルの問題が次から次へと解けるようになっていくことを実感しました。そこで、今からでも毎日12時間勉強すれば、名古屋大学に合格できることを確信し、周りの反対を押し切って、志望校を名古屋大学に変更しました。

いよいよ勉強法の伝授

ここからは、皆さんに実践して欲しいことです。

私は9月から、徐々に受験勉強を巻き返していきましたが、これから教えることが最初から上手にできたわけではないので、効率は悪かったと思います。しかし、皆さんは今から完璧な方法を知ることができます。だから、現段階でセンター試験450点(5割)取れるという方は余裕で、取れていない方も350点くらいなら十分間に合います。

最終的に私は、センター試験本番の得点率は85%、2次試験と合わせても、合格者平均点よりも上の得点で、余裕を持って合格できました。(本番の結果通知は圧縮などがあり、センター試験の点数とセンター試験と2時試験を合わせた合計点しか通知されませんでした。)

本番を受ける前の12月のセンター模試でも得点率は80%、記述模試ではB判定や1回だけA判定も出ました。(直前は東進、代ゼミ、河合塾、駿台など全て受けました。なぜ、そうしたかについてもお話しします。)

ちなみに、私が志望し、合格した学科は名古屋大学の中でも医学部医学科、工学部機械航空学科についで偏差値の高いとことですので、私と同じレベルの得点が叩きだせるのであれば、他の学科でしたら、少し早めに合格できる推薦入試で合格できると思います。法学部の友達はセンター80%なくて推薦合格でした。センター試験が終わってからでもいいですが、推薦入試についても調べておいてください。

目標設定

階段, アウトドア, 成功, 方法, 高, 成長, 手順, 登山, 上昇, 野望

まずは、目標設定です。簡単ですので、自分でシートを作ってください。

・志望学科を決める。

そこまで重要ではないので後から決めても良い。

・目標点数の決定 

センター試験 本番 85% 

2次試験 記述模試でB判定 

2次試験の目標点数は得点調整などもあるので決めにくいです。そんなに、こだわる必要はありません。

重要なのは次です

・本番までに完璧にする問題集を決定する。

どの問題集で勉強を進めるかは非常に大切です。問題集選びで失敗したら、遠回りかそもそも合格できる力はつきません。

・問題集を完璧にするための短期的な目標設定を行う。

詳しくは各教科ごとのところで解説します。

以上の4つについて目標を設定してください。

言い忘れていましたが、勉強時間は空いている限りやってください。もちろんそれなりの息抜きは必要ですが、短期目標が達成できる程度の息抜きにしてください。私もご飯の時間や寝る前の時間はテレビを見ていました。

1日のスケジュール

システム手帳, カレンダー, 主催者, スケジュール, 毎月, 月, 日, 紙

1日どのようにして時間を生み出すかは大切です。受験は時間が限られているので。

私が実践していたスケジュールです。

平日 6時間勉強

6:00〜7:30 

起床 前日やった暗記問題で間違えた場所だけ再度解き直す

暗記問題は起床したばかりに解き直すと記憶されやすい。

7:30〜8:30

朝ごはん 登校

8:30〜16:30

学校の授業 受験に使わない授業は自分のことをやるか休憩時間

無駄な勉強はしない。エネルギーは限られています。

16:30〜19:00

勉強 

19:00〜20:00

夜ご飯

20:00〜22:00

勉強 

22:00〜24:00

お笑い番組 アメトークなど 就寝

休日 12時間勉強

6:00〜7:30

起床 前日やった暗記問題で間違えた場所だけ再度解き直す

暗記問題は起床したばかりに解き直すと記憶されやすい。

7:30〜8:30

朝ごはん

8:30〜12:30

勉強

12:30〜14:00

昼ごはん 

14:00〜18:00

勉強

18:00〜19:30

夜ごはん

19:30〜22:00

勉強

22:00〜24:00

お笑い番組 就寝

以上のような日程でした。

問題集を完璧にするための目標設定方法(数学)

ジオメトリ, 数学, ボリューム, 表面, 学校, 学ぶ, 数学的です

数学で説明しますが他の教科でも応用できます。

ここで、一つ注意!名古屋大学の2次試験の数学は難しすぎるとしは難しくて、手に負えないと思いますし、以下で紹介する教材を学習しても完答することはできません。しかし、完答することを目的にしてはいけません。なぜなら、センター試験と異なり、年度ごとの難易度が大きく異なるからです。以下の教材が完璧にできれば、合格は間違えありません。完答できなくても、周りより得点できていればいいので。以下に書いてあることを完璧にやれば、1位狙えます。本当の天才は名古屋大学には来ないので。天才は東京大学かいても京都大学にいると思います。

教材 

青チャート IA、IIB、III

解説がしっかりしていて、間違えた理由が分かるのがいいところです。

基本的な進め方

丸々解くのは3周 理想は3周目で全て正解できること。

9月

1周目 

→ 1週間以内に間違えたところを解説を見ずにできるようになるまで解き直す

10月

2周目 

→ 1週間以内に間違えたところを解説を見ずにできるようになるまで解き直す 

→ 頭の中だけで解く(時間がかかるので書いたり、計算は最後までしたりしなくていい、正しい方針が立てられるか) 

→頭の中だけで間違え直し

11月

→3周目

大まかにはこんな感じに進めていってください。これだけやれば、演習量は十分ですし、様々な問題に対応できる解法を身に付けることができます。

ですが、これだけで受験に望むわけではありません。

他にも使用する教材としては、

1対1対応の演習 I、A、II、B、III

センター模試過去問集、名大模試過去問集

センター試験過去問、名古屋大学赤本

詳しい内容は追記していきますが、早く情報が欲しい方は

私のラインを登録していただければ個別に相談乗ります。18歳未満の方は保護者の許可を得てから登録してください。浪人生の方はぜひ登録お願いします。

@157cwpgv

簡単なプロフィール

名古屋大学 → 東京大学大学院